帰国
いよいよ最終日。

一体、今日は何時まで自由なのかが未だ謎な私たち2人である。

具合が悪いのも手伝って、この日は早く目が覚めた。5時くらいには起きてたかな。
とりあえずパッキング。朝食と同時にチェックアウトしようと思っていたので
身支度もさっさと整えていた所に電話が鳴った。6時半くらいだったはず。
ハンからだ。遅い。
「なんか、ホテルの人間、バカみたいね。メッセージ届けてなかったでしょう?」
馬鹿とか汚い言葉を口に出して使うんじゃない。
それに、メッセージが届いて無いことの言い訳から入るこの感じがまた嫌だ。

心子「で、何時にホテルのロビー集合なんですか?」と質問。
ハン「9時40分にホテルで待ってて」
はい? 今日の朝9時ですか…? 早いよ。
思わず「そんなの間に合わないんだけど…」
ハン「なんで間に合わないの!? そんな事言われても困るよ」そうだろうね。
でも、当日6時半に「9時40分」言われてもビックリするでしょ。
ハン「私、今日違う人の担当だから、ホテルに来た他のガイドに自分で言ってよ」
と、逆ギレ気味の言葉で電話連絡は終わった。おいおい。

まあ、今日は早起きしていたので、間に合わないという事はない。
長いようで短かったな、台湾。

c0044140_13131412.jpgホテルの窓からも台北101が見えた。
今回も台湾には嫌な思い出が増えてしまったな。
何年か経てば良い思い出になるだろう。
8時くらいには食事を摂るために部屋を出てチェックアウトもすませた。
食後は近くを散策。

c0044140_13134898.jpgc0044140_1314037.jpg
途中カットされたマンゴーが売られているのを見つけて買い食い。
マンゴーに夢中になるあまり撮影を忘れた…。
散策に没頭しすぎてちょっと道に迷ってしまい、
結局集合時間ギリギリにホテルに戻った。

程なくして迎えの現地ガイドが現れた。20代前半という所かな。
日本語が達者で、ちゃんと敬語が使えていたので感動した。
やっぱり、現地ガイドは当たりはずれがあるね…というのが結論。
言葉の問題ではない。やはり人柄だな…。

途中、免税店に寄って空港へ。

c0044140_13141383.jpgc0044140_13142510.jpg
c0044140_13143642.jpg最後はこれ。蜂蜜冬瓜茶
小銭が余っていたので、Mりんに飲み物をプレゼント。
味は……蜂蜜? とにかく甘い。
そして風味……これは…! アレだ! ヤシ汁……
後味が6月の部屋干しのシャツみたいだ…というか、
小学生の上履きのにおいだ…



で、夕刻、無事成田着。
そして私の風邪は悪化。悪寒と咳でまさに病人になっていた。
声を出すと咳が出るのでMりんとは最終的には筆談…

そして、寝込む事になるわけですね。

こんな台湾珍道中でした。
楽しいことと楽しく無いことがどっちもあったなぁ。
次回訪れる時には楽しいことだけにしたい。
台湾リベンジを誓った心子だった。
でも、またしばらく台湾はいいです。
もっと暑い国に行きたいです。
[PR]
by cocorocoroco | 2005-04-30 22:12 | 台湾/タイペイ